専門スタッフのいる宿泊施設で、断食をしてみませんか?

断食の種類は?

2016年04月19日 11時35分

断食といってもいくつかの種類があります。
短い期間のものもあれば長い期間のものもあります。
それぞれ、期間によって断食の仕方は変わってくるようです。
それではどのようなものがあるのでしょうか。

 
半断食
半断食というものは、一日24時間の摂取カロリーを500キロカロリー以内に抑えるというものです。
一日に必要な摂取カロリーは、だいたい1800キロカロリーから2200キロカロリーです。
男女や運動量などによっても変わってくるので、あくまで目安です。
それを500キロカロリー以内に抑えるのでかなりカロリーダウンします。

 
1日断食
1日断食は1日ずっと断食をします。
1日断食では水分以外一切取りません。
しかし、水分は1.5リットル~2リットルは取るようにしましょう。
休日を利用すれば気軽にできる断食です。
復食は1日かけて元の食事に戻していきます。


本断食
 本断食は3日以上の断食のことを言います。
本断食は専門家の指導のもと断食を行います。
自分の知識だけで家庭で断食を行うのは危険です。
断食専門の施設に泊まり込みで行う必要があるのですが、本断食には即効性があります。
より効果が期待できるでしょう。
もし、3日間の断食であれば復食には3日かけます。


 
酵素断食
酵素断食は酵素ドリンクを使用した断食です。
酵素を数時間おきに補給します。
食事の代わりに酵素ドリンクを飲むので、必要な栄養素を摂取しながら断食をすることができます。
体の負担を減らしながら断食をすることができるのです。
また酵素断食では、腸内の毒素を排出させて、体脂肪を燃やす効果が期待できます。




本格的に断食をするのであれば、断食専門の泊まり込み施設の断食道場がおすすめです。
自分に合った断食方法を取り入れて、健康的な体を目指しましょう。